Home > 一般社団法人 省エネ・蓄エネ税務会計研究会

 ビルオーナーの皆さん、屋根を利用した太陽光ビジネスを始めてみませんか?

  平成25年の税制改正により、平成27年1月以降の相続ついて、相続税が発生しない相続財産の上限である基礎控除額がカットされることに

  なりました。税率も変更になり、特に富裕層には大幅な増税となります。

 

  私たちは、会計、税務の専門家としての知識と経験を生かした事業シミュレーションや節税対策に加え、太陽光パネル事業による相続税等の

  納税資金の捻出を組み合わせた方策を考案しています。

  また、太陽光発電設備の導入に関しては、一般社団法人 自然エネルギー推進協会との連携により、商材のご提供や工事の施工に関するご相談も

  お受けします。

 

  太陽光発電導入に於ける「事業シミュレーション代行」を始めました。「事業シミュレーション代行」について詳しく知りたい方はコチラ

 

再生可能エネルギー設備の導入

 ・ビジネスとしての導入

   ⇒初期投資額と売電収入による単純な採算性の把握ではなく、会計・税務の専門家の立場から、設備投資の経済性計算、グリーン投資減税等の

    税制優遇措置を組み込んだシミュレーションを行います

 ・相続対策としての導入

   ⇒相続時精算課税等を利用した、将来的な相続に備えた資産の移転、納税資金の捻出手法をご提案します

 

固定価格買取制度

 ・固定価格買取制度とは?

   ⇒再生可能エネルギーの固定価格買取制度は、再生可能エネルギー源(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス)を用いて発電された電気を、

    国が定める固定価格で一定の期間電気事業者に調達を義務づけるもので、2012年7月1日にスタートしました。

 

  従来の余剰電力買取制度に比べて、全量買取制度では太陽光発電による電力の買取対象が大幅に拡大。住宅用だけでなく産業用などの大規模設備

  も対象となったことで、メガソーラーなど発電事業設備建設も増えています。

  2013年度の太陽光発電の買取価格は、資材価格の低下等を理由に住宅用が38円/kWh、非住宅用はシステムの出力規模に関わらず一律で36円/kWh

  (税抜)に引き下げられましたが、引き続き投資回収効果は高い状況であり、ビジネスとしてだけではなく、相続対策にも有効活用できるもの

  と考えられます。

 

 太陽光発電発電 設置簡易提案書(対象:10kw以上の集合住宅)

 工場・本社への太陽光発電設置提案

 

関連リンク

 経済産業省

 資源エネルギー庁

 税理士法人 HSG

 一般社団法人自然エネルギー推進協会

 再生可能エネルギー・省エネ関係団体連絡評議会
 

Page top